経済・政治・国際

2011年2月13日 (日)

改革と,正義

エジプトのムバラク大統領の辞任により一気に民主化が進もうとしています.
チュニジアのベンアリ政権崩壊で始まったこの現象は
次々に飛火し民主化ドミノという言葉まで生まれてきています.

さて,この現象は日本にとって歓迎するべきことなのでしょうか?
民主主義陣営の国が増えることは歓迎すべきことだとは思います.
しかし中東情勢が不安定になることで日本の企業や消費者への影響は必ず現れます.

まずそれは原油価格という形でしょう.
これに投機マネーが流れ込み他の鉱物資源へも波及することが見込まれます.
少なからず日本の製造業は打撃を受けるはずです.

独裁政権とそれに付随する利権企業のおかげで
往々にして資源が安値安定で供給されていたりします.
独裁政権の崩壊はそれに付随する利権企業の崩壊をも意味します.
結果,安定供給が途切れ,値段の高騰に繋がりえます.

こういった事柄は今世界で色々起こっています.
例えば反政府組織の資金源となっており,
ゴリラの生息地を脅かしていると言われるコンゴのタンタル問題.
世界最大のタンタル産出国であるコンゴ産のタンタルを使わないことで
チップコンデンサの価格は上がります.

もっと身近な例ではフェアトレードの話でしょう.
コーヒーがよく例に挙げられますが,
フェアトレードのコーヒー豆を喫茶店が採用することで原価は増えます.
そうなると例えばス○バのコーヒーの値段が200円ほど上がるだとか,
名古屋の喫茶店のコーヒーに柿の種が付かなくなるだとか,
そういった影響が出ておかしくないわけです.

残念ながらそれだけ"正義"を為すことは困難を極めます.
唯一,変わりうるとすれば
それは消費者一人一人がこの「必要悪」をよしとしない
そんな機運が高まった時でしょう
少なくとも対岸の火事と思わず
しっかり状況を見て考えることが大切だと思います.

2010年12月13日 (月)

技術士試験と,ゴール

技術士二次試験の準備を進めています.

今回の論文テーマ

あなたが受験申込書に記入した「専門とする事項」について実際に行った業務のうち、受験した技術部門の技術士にふさわしいと思われるものを2例挙げ、それぞれについてその概要を記述せよ。さらに、そのうちから1例を選び、以下の事項について記述せよ。
(1) あなたの立場と役割
(2) 業務を進める上での課題及び問題点
(3) あなたが行った技術的提案
(4) 技術的成果
(5) 現時点での技術的評価及び今後の展望

ということで提出済み.
あとは面接に向かってこの7年弱の業務をあれこれ見直しています.

ここでポイントとなるのは(5).
自分のやってきたことに加えて将来への展望まで問われるわけです.

さて,自分のやってきた事や今後の展望まで問われると,
自分の仕事のゴールというのをやはり考えてしまいます.

実はそれは既に定まっています.
「人間の労働というものの価値を最大まで高めること」

言い換えれば,
”人間が働くという事はそんな「安価な」ものであってはいけない,
 人間は労働のもっとも人間らしい部分を担わねばならない.”
ということです.

具体的にはシーケンシャルな単純労働や危険な労働は機械に任せてしまって,
人間はもっと創造的な部分を担当するべきだと思うのです.

そのためにロボットや製造装置は
人間のできることを人間以上にできるように機能を拡大していくべきであるし
その機能をもっと容易に使えるようにしていくべきだと思うのです.

以前の日記でも少し書いた覚えがありますが
宇宙開発も優秀な宇宙飛行士という人材を危険に晒すのではなく
無人化技術でより運用リスクを低減するべきだと考えています.
この考えもこの思想に繋がっています.

この議論になると必ず出てくるのは
「ロボットが人間の働き先を奪ってしまう」論議です.
でも,絶対ロボットにはできない分野があるのです.
それは何か物事を改善し新たなものを作り出していくということです.
全員でそれに当たれたら世の中ものすごいことになるんじゃなかろうかと思うわけです.

「創造性のある仕事なんてできない,単純労働しかできない人もいる」
という人もいますが,
労働者ひとり一人の創造性をもっとも巧みに活かしてきたのが日本の製造業です.
それは全員参加で行われてきた考案制度であったり,小集団活動であったりしたわけです.
それが世界最高峰の日本の製造業を支えてきたと言っても過言ではありません.
人間にはそれだけの創造性が埋まってて然るべきなのだと考えています.

#この点については派遣労働や請負,外国生産についてもいいたいことがあるけどまた今度.

さてこの目標をかなえるためにどうすりゃいいか

現在Factory Automation分野の最前線にいるわけですが,
このゴールに至るには実際何かが足りないと感じているのも事実.
それが何かを模索するにはしばらくかかりそうです.

2010年11月23日 (火)

雇用と,"カイゼン"

大学生の就職難,非正規雇用や派遣,請負の問題.
日本の雇用を取り巻く状況は大幅に変化しつつあります.
私の勤め先でも非正規雇用や派遣,請負が増えていますし,
テレビ番組でもこの問題がよく取り上げられ様々な議論がなされていますが,
その議論が被雇用者側へのデメリットに関する議論に終始してい点に少し違和感を感じています.
無論,私を含め日本人の大多数が「被雇用者」という立場だと思いますので,
この議論自体は決して無駄ではないと思うのですが,
雇用が創出されるのは産業の発展があってこそであり,
雇用者側が「非正規労働,採用抑制したほうがより儲かる」と判断している事実を論破しない限り,
この問題は決して解決しないのも事実です.

自分はこの雇用問題というのは産業の発展を阻害する可能性がある,
企業の基礎体力や発展の可能性を大幅に削ぐ可能性があると考えています.
それはひとえに日本の製造業が培ってきた"カイゼン"と呼ばれる生産方式によるものです.

わざわざ私が説明するまでもないかもしれませんが
日本の生産現場の改善は数人のエキスパートによるものではなく
働く人が全員参加型の活動で行われてきました.
カイゼン提案,QCサークル,小集団活動など,
そういった現場のひとり一人が自分の働く場所をよりよいものにしよう,
もっと楽に効率よく働けるようにしよう.
そういった集合知を上手く取り入れたからこそ今の日本の発展はあったと考えています.

しかし,今この雇用形態の変化が日本型"カイゼン"システムに深刻な影響を与えつつあります.
例えば派遣労働者や請負の場合,社員がお客様となってしまい
社員と労働者の間に壁が生まれフラットな情報伝達ができなくなっています.
このことは「現場の声」が上に上がらなくなることを意味しています.

#新人の頃(といっても高々7年ほど前ですが),電話一本でよく現場のおっちゃんに呼び出され
#「なんでここがこんな事になってるんだ?こうじゃダメなのか?」
#と怒られたもんですが…最近はそんな会話も少ないとか.

また非正規労働者の増加は「自分の今いる場所を良くしよう」という意思を削ぎかねません.
明日にも追い出されるかもしれない所を良くしようという気になるのでしょうか?

日本のいい所を尊重しようと言いつつ,そのいい部分を殺しているのが今の雇用問題
そしてこれが進めば日本型の"カイゼン"活動も終わりを告げるでしょう.
その時が本当の意味での日本の終わりなのかもしれないと思うのです.

2010年10月16日 (土)

美容と,狂躁

テレビ局も最近スポンサー離れが進んでるせいかやたらと通販番組が増えてます.
そんな中でもやはり元気なのは女性の美容用品.
女性の美容に掛ける情熱の凄まじさを物語ってるようです.

先日,テレビをつけっぱなしでうとうとしてるうちに,
いつの間にか女性向け化粧クリームの通販番組になっていました.
ぼんやりしてる所にこんな声が

「このサイタイエキス入りクリームは…」

サイタイ…なんだろ?そんな化学物質とか植物とかあったっけ?

サイタイ…臍帯…へその緒?!

流石にヒトのへその緒を使うわけにはいかないでしょうから,
多分哺乳類で入手易い所でブタあたりのを使用してるのでしょうが,
へその緒を顔に塗りたくってると考えるとちょっとおぞましい気分です.
男性諸君,そんな女性の頬にキスできますか? ;-)

#ちなみにコラーゲンはブタの皮から抽出してると言って間違いないそうです
#ニカワ位しか用途が無かったものが今は一大産業になってるとか…

さて,この手の美容用品なんですが,
多くの科学者が指摘してるように,
「人間,皮膚から何かを吸収するようにはできてないのになぜ効くねん」
という疑問にこの業界の皆さん誰も答えません.

それどころか謎の成分を次々と繰り出してきます.
同じ成分でも色々名前を変えてまで…

「ウレア成分を配合しました」(urea:尿素ね…)
「ヒアルロン酸入り」(原料は鶏のトサカや臍帯…臍帯エキスでも通じるな)

女性はこういった宣伝文句が「効く」と思うから買うんでしょう,
それは言い換えれば開発者への信頼ということになるわけですが,
ホントこんな言い換えでごまかすような開発者信じていいの?

さらに疑問なのは
こういった成分の効果をその能力を認証された人物(医師等)が
きちんと責任を持って保証しているのか,
そして万一その保証内容に不備があった場合には責任を問えるのか,
そういった法整備がなされているのかということです.

例えば建物でしたら免許を受けた建築士が
設計図にサインや捺印で認証することでその設計責任を負います.
そしてそこに誤摩化しや偽造があると建築基準法違反で罪に問われます.
つまり認証されたプロが責任を負う体制が整っているのです.

このような化粧品は多分,薬事法などで縛られてるのでしょうが,
体内に直接入らないということで結構ザルなのではないでしょうか.
専門外なので明確なことは言えませんが,
薬用化粧品は「医薬部外品」ということで薬品より緩い管理になってるようです.

女性の皆さん,あなたのお使いのクリームは大丈夫ですか?

2010年10月11日 (月)

技術者と,独立性

土曜に日本プロフェッショナルエンジニア協会(JSPE)のセミナーに行ってきました
テーマは「NSPE2010総会参加報告会」ということで
PE試験や制度の現状や,アメリカの技術界のトレンドを知る事ができるかと思い,
トラブル対応で徹夜明けの身を押して参加してきたわけですがなかなか濃い内容でした.

その中で上がった話題の一つはやはりBPの原油流出事故の話でした.
以前の日記でもヘイワード元CEOの失言の話を取り上げましたし,
最近ではこんなニュースも流れてました.
「BP前CEOに「ドードー賞」、種の絶滅に寄与と認定」

さてNational Society of Professional Engineers(NSPE)もこの問題に対し声明を発しています.
http://www.nspe.org/AboutNSPE/jun2310oilspill.html

以下,全文と弊訳を(少し誤訳あるかと思いますが…)

Statement on the Gulf Oil Spill andLicensed Professional Engineers (メキシコ湾原油流出と認証されたプロフェッショナルエンジニアについての声明)

By NSPE Executive Director Larry Jacobson

As we watch the Gulf Coast oil rig disaster unfold and the search for causes continues, it's critical to reflect on how to avoid a repeat, not only in the oil industry, but in any industry that can cause serious harm to people, their livelihoods, and the environment.
(メキシコ湾原油掘削事故が広がり,原因究明が続くのを見るに,石油業界のみならず,人々や,生活,環境に深刻な害を及ぼしうるあらゆる産業において,繰り返さないための方法を反映していくことが大事だと感じています.)

One of the most sensible and least expensive means is to simply require engineering plans to be signed and sealed by a licensed professional engineer whenever a project involves safeguarding life, health, or property. This is particularly reasonable in industrial settings, where all employees, engineers included, have a duty of loyalty to the employer.
(もっとも賢明でコストを掛けない手段は,生命や健康や財産の安全を守る事が求められるプロジェクトにはいつも,認定されたプロフェッショナルエンジニアがサインし,スタンプを押した技術プランを単に求める事です.)

Professional engineers are government licensed to protect the public and must reach a minimum threshold of competence to receive that license. The license serves to maintain an acceptable standard of competence for the good of the public―the ultimate beneficiaries of that competence. Nobody would think of hiring a physician or an attorney who wasn't licensed. Their work is so critical to the lives of their patients and clients that the only way a doctor or lawyer can practice is to be licensed by the state.
(プロフェッショナルエンジニアは社会を守ることを政府により認められ,資格を受けるにふさわしい最低限の能力に達しています.この資格はその能力の最大の受益者たる社会のためになる能力にふさわしい基準の維持につとめることが求められます.誰も資格を持たない外科医や弁護士を雇おうなんて思わないでしょう.彼らの仕事は,それが患者や依頼人にとって国によって資格を受けた医師や弁護士が実施することが唯一の手段であるぐらいに,患者や依頼者の生命(生活)に重要なのです.)

But engineering is a different story. Most people don't know that only about 10% of this nation's four million engineers are licensed. Only about 10% have demonstrated through education, experience, and examination that they have met the minimum competency requirements put in place by law to safeguard the public. Only about 10% have taken an oath to protect the health, safety, and welfare of the public. Only about 10% have an affirmative ethical duty to place their professional practice ahead of profit.
(しかし技術者については話が変わってきます.多くの人は知らない事ですが,国の四百万人いる技術者のうち10%しか資格を受けていません.たった10%しか法律によってその立場にあるために社会の安全を守るために最低限の能力を有していることを求められるための教育を受け,経験を積み,試験を受けたことを明示していないのです.たった10%しか健康,安全,公共の利益を守ると宣誓していないのです.たった10%しか利益に優先してプロフェッショナルとしての行動に倫理的義務を肯定していないのです.)

Is it any wonder that most industries don't hire many licensed professional engineers?
(多くの産業において認証されたプロフェッショナルエンジニアを雇わないことを不思議に思いませんか?)

Employees all have a duty of loyalty to their employer. The employer, in turn, has a duty to its owner, and a big part of that duty is to produce a profitable return on the owners' investment of capital. When the owners are shareholders, their motive is return on investment, and it is that return that establishes the value of the shares. The result: Managers of publicly traded companies tend to put profit first to ensure their share prices are supported and their shareholders are happy. All employees are expected to further the goals of the company, and profit is high on that list.
(被雇用者は雇用者に忠誠の義務を負います.雇用者はさらにオーナーに対して義務を負います.その義務の最大の部分はオーナーの資本の投資に見合った利益の見返りを生み出すということです.オーナーが株式資本であるならば,彼らの動機は投資への見返りです.そして株式の価値を作り出すのがこの見返りです.その結果,上場会社のマネージャーは株価を維持し,株主を幸せにするため利益を最優先します.全ての従業員はもっと遠くのゴールと,そこに記された利益を高く保つことを期待されます.)

Now consider the engineer's position. Almost all industrial processes and construction begin with the engineer who does the design. The engineer is under enormous pressure to help create profit for management, and those severe pressures influence choices―choices between the safest and most prudent design and the design that sacrifices safety in the name of cost. Lower cost usually means higher short-term profit for the company.
(そこで技術者の立場を考えてみましょう.ほとんどの多くの産業プロセスや建設は技術者の設計により開始荒れます.技術者は経営により利益を生み出す助けのために大きな重圧にさらされます.そしてそういった重圧は選択に影響を与えます.もっとも安全で慎重な設計と,コストの名の下に安全性を犠牲にする設計との選択です.低コストは短期的に企業に大きな利益をもたらすことを意味します.)

At bare minimum, all engineers who provide any engineering service or creative work that involves safeguarding life, health, or property must be licensed professional engineers. That's the only way the government and the public can have any assurance that industry is doing even the minimum to put the public ahead of profit. To do otherwise is patently and recklessly irresponsible behavior.
(明らかに少なくとも,生命,健康,そして財産の安全を守ることに関る技術サービスを提供する,あるいは創造的な仕事をする全ての技術者はプロフェッショナルエンジニアとして資格を受けなければなりません.それが政府や社会の行える,産業が最低限社会を利益に優先することの唯一の保証なのです.これとは違った方法をとるというのは明らかにそして無謀な無責任な行いです)


多少,これを機にPEの立場を強くしようという意図も垣間見れますが,
今回のBPの事故にひとりもプロフェッショナルエンジニアの資格保持者が関っていなかったということでこの声明に至ったようです.

企業倫理が最近よく取りざたされますが,
技術者もその倫理を全うするにはある程度の独立性を確保する必要があるのかもしれません.

前述のNSPEの総会でも議論された中にこんなのがあったようで

・仲間内団結意識により事実公開の妨げとなるため労働組合への加入は控えるべき

そんな議論があるということ自体がある意味驚きですが,
今後それだけのことが本当は必要になっていくのかもしれません.

あと,ドキッとしたのにこんな話もありました.

・エンジニアリング業務の発注に当たっては品質と技術能力を第一にするよう求める. (=価格競争入札するべきでないと暗に求める)

この話になると長くなるのでまたの機会に.

まあPE制度に付いてあれこれ議論するその前に
頑張ってPE試験に受からなきゃいけないんですけどね~

2010年9月18日 (土)

電気と,自動車

モータ業界に身を置いている関係からか電気自動車のモータが気になって仕方がありません.
技術的に注目を集めてるのは電池やハイブリッドの機構などですが,
電気自動車はモータそのものが乗り心地や燃費を決定するだけに
重要さは他の部品の比較にならないと考えています.

その電気自動車用モータで一番注目してるのがTesla Motors

モータは大きく二つに分けて同期モータと,誘導モータがあります.
同期モータとは簡単に言えば磁石を使ったモータ.
誘導モータとは誘導電流で回転するモータで磁石を使いません.
一般的に同期モータの方が制御が容易で小型でき,電力回生するのも簡単です.
しかし誘導機は制御にやや難があるものの,高速回転が可能です.
そしてやはり最大の特徴は磁石を使わなくていいという事が挙げられます.

モータを作る上で磁石の存在にはかなり振り回されます.
現在電気自動車用には希土類磁石,特にネオジム磁石が使われていますが,
この磁石の原料ネオジムやディスプロシウムはほぼ中国の独占のため供給も安定せず高価です.
誘導モータはそんな希少金属を使う必要はほとんどありません.

Tesla Motorsは誘導モータを採用しました.
これは高回転に向くという性能的な側面もあるかもしれませんが,
コスト的にもかなり有利で生産性もいいと考えられます.

トヨタとの提携も,この点に寄る所が少なからずあるかと思います.
今後もじっくり見守りたい所です.

2010年8月16日 (月)

技術者と,平和

以前,日本PE協会の講演会で聞いた話の受け売りですが,終戦の日に寄せて.

日本は残念ながら天然資源をもたない国です.
それゆえに生活や産業の発展のためには資源を輸入せざるを得ません.
そしてそれらの資源を手に入れるためには他国に製品やサービスを買ってもらわないといけないのです.
その大前提としてこのような商取引が行われるためには
国家間の関係が平和である事が必要であり,
平和を保つためには産業を通じての両国間の互恵関係が成り立つ必要があります.

近年,世界の産業はより複雑なもの,国際的なものとなってきています.
その中で相手のニーズを知り,的確に技術やサービスを開発し,相手に提供する
それができるのは技術者なのです.

言うなれば技術者こそが平和のための尖兵たりうるのです.

-----------------
無論,平和を担うのは技術者だけではないと思うのですが
婚話を聞いた時,技術者が平和を担っているという視点自体が
自分自身にとって驚きでした.
しかし考えてみると日本は"技術立国"を標榜しているわけで,
技術をもって世界に資するためには,
技術者が先頭に立って当然の話でもあるわけです.

「平和を担っている」その視座を忘れないようにしたいものです.