日記・コラム・つぶやき

2011年5月 9日 (月)

機械系と,ガンジーの一撃

弊記事『モテる機械系女子力を磨くための4つの心得』が思った以上にウケて
正直びっくりしています.(3日で約3200view)
様々なバリエーションも生まれてるようで,業界色が出て比較するとなかなか興味深い所です.
例えばIT業界のように若い人が多いとやはり全体的に若いイメージになるようですし,
下名の機械分野のような多少泥臭い分野になってくると
「昭和臭がする」と評していただく方もいて「狙い通り」とほくそ笑んでいたりします.
(注:下名はまだまだ四捨五入で30歳です)
また女性像も下名のネタのように「完全にピントのずれた人」から,
「実は猫を被っている」要素を全面に押し出すものまで幅が生まれてきていますので
更なる深化が期待できそうです.

さて,この話題に関して

この女は…ガンジーでも助走を付けてぶん殴るレベルだ

というようなtweetを見かけました.

これを見た瞬間,「あ,この表現も機械系にしなくちゃ!」とふと思ってしまったが運の尽き.
「blogは真面目なテーマでやっていこう」という決心もぶっ飛んでとりあえずネタに走る事にします.

『ガンジーでも助走を付けてぶん殴るレベル』ですから
やはり「名工や工学分野の有名人」が「ありえないことをする」という表現ですよね.
以下,存命の方もおられますが敬称略で進めさせていただきます.

それでは日本の名工から

左甚五郎でも右手で芋版を彫りだすレベル』

左利き故に左と名乗ったと言いますが,この人なら右で彫っても見事な出来な気がする.
で,この芋版,多分刷った絵が動き出します(マテ)

もうひとり日本人の名工いきましょう

からくり儀右衛門でもロボコンに出場するレベル』

からくり人形や万年時計で有名な田中久重ことからくり儀右衛門です.
多分動力はサーボじゃなくぜんまいです.よってシステムはほぼ一自由度,でも優勝しそう…

からくりが出てきたので時計行きましょう

ブレゲでもクォーツ時計を作り出すレベル』
フィリップ・デュフォーでもクォーツ時計を作り出すレベル』

このままいくつか作れそうですが機械式時計ファンから怒られそうなのでこの辺で止めときます.
(私も機械式時計大好きです)

方向性変えて楽器へ

ストラディバリがエレキギター作り出すレベル』

聞いてみたいかも…

方向性を変えて

田口玄一がKKD(勘・経験・度胸)でパラメータを決める始めるレベル』

品質工学の祖田口先生です.でもこの先生ならKKDでも一発でパラメータ決めてきそう.

ちょっと機械から離れるけど

ニコラ・テスラがコンクリートの塊を手で割り出すレベル』

交流の普及,誘導電動機や無線送電などで確実に我々の生活を変えた人.
最近,地震兵器が話題になってるようですがこの人が元ネタ.

テスラが出てきたならこの人も

エジソンが交流を安全と認めるレベル』

…まさに異常事態だ!


うん,もっと作れそう.
思いついたら追記していきます.

2011年5月 7日 (土)

モテる機械系女子力を磨くための4つの心得

こんにちは機械設計で飯を食ってるBaboonです.私は恋人も配偶者もいませんし人生設計に失敗してる機械部門の技術士のおっさんですが,今回はは、モテる機械系女子力を磨くための4つの心得を皆さんにお教えしたいと思います。

1.あえて計算尺を現場に持っていく
あえて関数電卓ではなく計算尺を持って行きましょう.そして現場で好みの男がいたら話しかけ、わざとらしく計算尺を出していじってみましょう。そして「あ~ん! この計算尺本当にマジでチョームカつくんですけどぉぉお~!」と言って、男に「どうしたの?」と言わせましょう。言わせたらもう大成功。「計算尺とか詳しくなくてぇ~! ずっとコレ使ってるんですけどぉ~! 使いにくいんですぅ~! ぷんぷくり~ん(怒)」と言いましょう。だいたいの男は関数電卓を持ちたがる習性があるので、古かったとしてもタイガー計算機を使っているはずです。
そこで男が「関数電卓にしないの?」と言ってくるはず(言ってこない空気が読めない男はその時点でガン無視OK)。そう言われたらあなたは「なんかなんかぁ~! 最近がTIのNspireが人気なんでしょー!? あれってどうなんですかぁ? 新しいの欲しいんですけどわかんなぁぁああい!! 私かわいそーなコ★」と返します。すると男は「あ,そう.事務所戻ってExcelで再度計算してきて.」という話になって、次の休みの日は間違いなく出勤です。あなたの女子力が高ければ、現場の鬼班長から大目玉をもらえるかも!?

2.図面に丸文字を使用する
JIS B 3402の製図文字ではなくあなたらしい丸文字を図面の中に入れると、図面を読む上長は「この子かわいそうやなぁ」や「支えてあげたいかも」と思って休日に製図の研修を企画してくれるでしょう。図面上では現実世界よりもイメージが増幅されて相手に伝わるので 丸文字を多用することによって、図面を読む人はあなたを図面が描けない人と勘違いしてくれるのです。そういうキャラクターにするとほぼ絶対に同業者や現場のおっちゃんに嫌われますが気にしないようにしましょう。

3.とりあえず現場の班長には「えー! なにそれ!?  知りたい知りたーい♪」と言っておく
現場で班長が女性に話すことといえば仕事の話ばかり。よって、女性にとってどうでもいい話ばかりです。でもそこで適当に「へぇーそうなんですかぁ~?」とか「よくわかんないですけどすごいんですねぇ」と返してしまうと、さすがの班長も「この女ダメだな」と気がついてしまいます。ダメ女だとバレたら終わりです。そこは無意味にテンションをあげて、「えー! なにそれ!?  知りたい知りたーい♪」と言っておくのが正解。たとえ興味がない話題でも、テンションと積極性でその場を乗り切りましょう。積極的に話を聞いてくれる女性に現場の班長は弱いのです。

いろいろと話を聞いたあと、「〇〇は〇〇で、〇〇が〇〇なんですね! 覚えたぞぉ! メモメモ!」とコメントすればパーフェクト。続けて頭に指をさしてくるくる回しつつ「キュンキュンキュン! キュンキュンキュン!」と言って、「どうしたの?」と班長に言わせるのもアリ。そこで「私の頭の金型にテーキンしているのでありますっ☆」と言えば女子力アップ! そこでまた班長は「ならメモ取れや!!」と思ってくれます。私はおっさんですが、こういうテクニックを使えば知識がない私のような設計者のほうがモテたりするのです。班長は優越感に浸りたいですからね。

4.飲み会では船の軸受を設計できない女をアピールせよ
飲み会の席では、真っ先に船の話題を探して「あーん! 私これ設計できないんですよねぇ~(悲)」と言いましょう。するとほぼ100パーセント「どうして? 嫌いなの?」と聞かれるので、「嫌いじゃないし設計したいけど設計できないんですっ><」と返答しましょう。ここでまた100パーセント「嫌いじゃないのにどうして設計できないの?」と聞かれるので、うつむいて3~5秒ほど間をおいてからボソッとこう言います。「……だって、……だって、船の軸受け設計するにはリグナムバイタ切らなきゃいけないですかぁっ! 木がかわいそうですぅ! 何百年も生きてきたのにぃぃ~(悲)。海に浮かばなきゃいけないんですよ……」と身を震わせて言うのです。

その瞬間、あなたの女子力がアップします。きっと男は「梱包の木枠はどうやねん! 絶対近づかないようにしよう! コイツはかわいそうな子だ!」と心のなかで思い、あなたに惚れ込むはずです。意中の男と付き合うことになったら、そんなことは忘れて好きなだけ船の設計をして大丈夫です。「設計できないじゃなかったっけ?」と言われたら「大丈夫になった」とか「勉強した」,「慣れた」、「すべり軸受は機械屋のロマンです」,「木材の木質部は既に死んだ細胞だ」,「そんなこと言ってない」と言っておけばOKです。

Inspired by モテる女子力を磨くための4つの心得(http://youpouch.com/2011/04/26/162331/
&モテるバイオ系女子力を磨く4つの心得(http://anond.hatelabo.jp/20110506180049

う〜ん,もう少しひねりがいるかな?
3項なんてほとんどそのままだし…

ってこんなこと書いてるから機械系女子は増えないのか?

尚,班長さんとは私の知り合いの班長さんの事ではありません.
全くもって空想上の存在である事をここに明言しておきます.

2010年7月20日 (火)

奈良と,散歩

昼間は暑かったので夕方からぶらぶら散歩してきました.

まずは定番興福寺五重塔
Dsc_0136_2

三連休も最終日ということもあり比較的空いてました.

なぜか東金堂と五重塔前に鹿の大群が…
ということで鹿の写真をお楽しみください.

Dsc_0138

Dsc_0141

雄が多いですね.
結構囲まれると迫力があります.
この鹿に囲まれて「菓子をくれ」と鹿に囲まれて小突き回され
トラウマを負ってはじめて一人前の奈良県民なのです.(笑)

Dsc_0146

といってたらどうやらこちらに興味を示した模様.

Dsc_0147

うわぁ!来た~~~~!!!!!

Dsc_0148_2

さて気を取り直して興福寺南円堂

Dsc_0153


猿沢池,この水は竜宮に続いてるそうですが,
昔,一回渇水で干上がって底を見た事があるのはここだけの話.
あとライトアップされてるのですがなぜか緑色…

Dsc_0154

奈良町から眺めた興福寺五重塔
現代的な町と史跡が解け合うこの風景が奈良の魅力です.

Dsc_0155

拡大

Dsc_0159

最後に新しくなったJR奈良駅
相変わらず県庁所在地の駅なのに相変わらず特急,急行が止まらない駅ですが.
Dsc_0160

2010年6月20日 (日)

ダライ・ラマと,英語(追記)

『ダライ・ラマ14世:「英語学び貢献を」 若者自殺に懸念』

ダライ・ラマ14世が来日されているそうです.
その講演会の記事から

ダライ・ラマは 「日本は技術的に進んだ国だが、若者が過剰なストレスと孤独感に悩んでいる。 自殺者が増えているとも聞いている」と述べた。 その上で、「英語を学び、外に出る。これが重要だ」と述べた。

自分の行き場が無くなったと思うからこそ人は自殺と言う道を選ぶわけで,
日本を飛び出して世界に目を向け自分の世界観と可能性を広げる事で閉塞感は打破できる
非常に力強いメッセージに感じました.

日本で生きれないなら世界へ飛び出せばいいじゃないか.
それは母国を追われ亡命生活を送らなければならなかった彼の言葉と考えると
非常に説得力があります
その彼が語学の重要性を説いたということは深い意味があります.
そして
「英語さえ何とかなれば君たちには広い世界が広がっているんだよ」
という温かいメッセージに感じます.

人は知らないうちに自分の可能性を制限してしまっていることがあります.
それを打破できるのは自分の世界を広げる事.
その一番簡単な方法は語学に限らず何か学ぶということです.
学ぶ事は人生の可能性を広げる事なのですから.

最後にこの言葉を

"Learn to live and live to learn"
(生きるために学び,学ぶために生きよ)


<追記>
Youtubeにインタビューの様子が上がっていました.(32:10〜)

2010年4月25日 (日)

割り箸と,亡国論

いや,まあ国を滅ぼしたいわけじゃないんですが…亡国論2つ目.

奈良に箸墓という場所があります.
箸墓古墳という「卑弥呼の墓か?」といわれる弥生時代後期の古墳がある場所ですが,
この箸墓古墳にはもう一つ箸墓長者という伝承が残っています.

ここにはものすごい富豪が住んでいたそうです.
その富豪たる有様ビルゲイツやウォーレン・バフェット,ジョージ・ソロスも真っ青で,
あまりにも儲けすぎて倉に大判小判が入り切らなくなり,
仕方ないから余った金を大阪湾に捨てに行ったらその輝きに漁業被害が出たという始末.
「なんとかして金を減らしたい」というのがこの富豪の口癖でした.

あるときこの富豪の家に一匹の虫が迷い込みます.
気味悪がった女中が裁縫の針を投げつけるとこの虫は針をばりばりと食べてしまいました.
この話を聞いた富豪はもしやと思い小判を与えてみると案の定小判を食べるではありませんか.
「これは天の助け」と思い富豪はこの虫を飼い始めます.

これを機にこの富豪とんでもない贅沢を始めます.
食事は山海の珍味を用意し,箸を一口食べるごとに使い捨てるということを始めました.
結果,この虫の糞と使い捨てた箸が富豪の家の裏に詰み上がり山になり
富豪は本願成就(?)見事没落してしまいました.
その後に残ったのがこの箸墓だというのです.

話を現在に移します.
下名は一人暮らしをしており,やはりコンビニの弁当をよく利用します.
その弁当容器や割り箸は使った後捨ててしまいます.
毎日コンビニに入荷している弁当の量を見ていると相当の弁当の容器や箸が捨てられているわけです.
この様子前述の箸墓長者の話となんか符合しないでしょうか?

先ほどの伝承の裏には物を大切にしよう,身を慎もうという先人の教訓が隠されているわけです.
彼らがなぜそんなメッセージを後代に残したのか?
今,その意味を考えるときなのかもしれません.

2010年4月23日 (金)

酒飲みと,亡国論

少し汚い話でスミマセン…

4月も終わりに近づきそろそろ新人さんの歓迎会シーズンも終盤という所でしょうか.
不況とはいいつつもどこの飲み屋も大盛況で予約を取るのが難しい状況が続いているようです.

その一方で,日本人の多くは遺伝的にアルコールを分解しにくい体質だそうで,
排水溝の脇や,お手洗いで小間物屋を広げている方が多く見られます.
私もビール中瓶三本で一族郎党十数名全員が酔っぱらい倒れたという記録的な下戸の家系に生まれつき
その遺伝の法則を証明せんとばかりに猛烈に酒に弱い体質です.
しかしながら日本で社会人をやってる限り「酒席の付き合い」というのはどうしてもあるわけで,
宴席の途中度々トイレに中座しつつ,なんとかこなしている状況です.

#後輩や部下に無理矢理酒を飲ますパワハラ馬鹿の話もありますが,
#テーマから外れますのでここでは割愛します.また別の機会にでも.

こんな他人や自分の姿を見る度に思うのは,
「今この瞬間にも世界のどこかでは飢えている人がいる.」ということです.
そして古代ローマ貴族の話を想起します.

古代ローマには併合した周辺諸国より多くの富が集まりました.
そしてその富を一番多く享受したのが貴族たちでした.
彼らは宴会に出るたびに服を仕立てたそうです.
そして宴席には山海の珍味が並び,彼らは寝椅子に寝そべってそれを貪り食べたそうです.
汚れた手は服で拭き(よって服は使い捨て)
腹が満たされれば手に鳥の羽を持った奴隷を呼び出します.
奴隷は鳥の羽で主人ののどの奥を刺激し食べたものを吐かせるのを手伝わせました.
そして別の奴隷が床に飛び散った吐瀉物を片付け,
主人はまた腹がいっぱいになるまで山海の珍味を食べたそうです.
そういった形で富を誇れることが貴族のステータスであったそうです.

こんな話を聞くと「ええっ!そんなの異常だよ」と思うのは自然な心理だと思います.
しかし半面,冷静になってみればこの風景案外今の日本と符合しているように見えるのです.
世界中から集めた富,山海の珍味,吐くまで飲んでまた食べて飲む.
今,こういったことができるということが一種の"異常"なのです.

先日,日本プロフェッショナルエンジニア協会のイベントに参加した時
非常に興味深い講演があったのを覚えています
日本という国には資源がない,
そんな資源のない日本がここまで発展したのは「技術力」を売ってきたからだ.
そして「技術力」を売るための一番の前提条件は『平和である』ということだというのです.
平和とは単に戦争がない状態だけを指すわけではありません.
飢餓や貧困に悩む人がいること,この状態も一種の平和の対義語なのです.

今,アジア諸国の経済発展著しく日本企業も多く進出していますが,彼らに
「日本人は我々から巻き上げた金で吐くまで飲み食いしてる.」
と,思われれば本当に彼らの信を得られることはないでしょう.

少なくとも言えることは栄華を極めたローマ帝国も今やもう滅んでしまったということです.