« 2011年1月2日 - 2011年1月8日 | トップページ | 2011年5月1日 - 2011年5月7日 »

2011年2月13日 - 2011年2月19日

2011年2月13日 (日)

論語と,違和感

昔から漢詩や漢文が好きです.
NHKの漢詩紀行録り貯めてたり書初めで好きな漢詩書いてみたりしてます.

#自分で詩を綴るだけの実力はありませんが…

なぜ漢詩や漢文を好きになったかと考えてみると
中国には日本より長い歴史があり,
多くの人々が多くの言葉を残していることが一つの魅力でしょうか.
つまり辿ってみればどこかに似たような境遇だったり,
同じような心境だったりする人がいて,
その思いであったり,思考実験の成果であったり,
その結果選択した行動やその帰結であったりを知ることができます.

さて,そんな漢文の代表と言えばまず挙がるのは『論語』でしょう.
でも,この『論語』を見ると正直自分は警戒してしまいます.
特に"エラい人"が『論語』を引用してた際には,
少なからず反発する気持ちがわき上がってきます.

ご存知のことかもしれませんが
論語とは紀元前500年ごろの思想家孔子(孔丘)や,その高弟の言葉をまとめたものです
その思想としては古の周の時代を理想として徳治主義を説いたわけですが,
後に様々な解釈が生まれて

・昔の理想の時代から離れていく時代にある(昔>今の論理,変化の否定)
・親が高貴であるから子も高貴である(身分制・世襲の肯定)

という為政者の論理として,
特に東アジアの封建社会で使用されたという事実があります.

無論,『論語』ひとつひとつを取り上げるといい言葉は一杯あり,
また共感する考え方や思想のフレームワークは一杯あるのですが,
でも「今より昔の方が良かった」なんて言われた日には
今日より明日の方がよりよくなることをモチベーションとする技術者にとっては
到底受け入れ難い考えと言わざるをえません.
多分,これが論語に対する反発感の源泉でしょう.

しかし,ここで一つ謎が残ります.
明日の方が良くなるという思いこそ人が何かを改善していこうとする源泉です.
孔子先生の思いも「より良い社会を作っていこう」という所にあるのは明白なのに,
なぜそれに反する思想体系を作ったのでしょうか?

最近,それに対する答えの仮説を立てることができました.
そのきっかけになった本が2つ

内田樹『日本辺境論』 (新潮新書)
http://www.amazon.co.jp/dp/4106103362

陳舜臣『小説十八史略』
http://www.amazon.co.jp/dp/4061850776

まず,『日本辺境論』に記されていた"学び"の本質についての記述で
大きく蒙が啓かれました.
それは要約すると
「学びにおいて師は必ずしも優れている必要はない,
 師の中に"理想の姿"を自分で見いだしそれに近づこうと努力することが学び」
ということです.

つまり周の政治というのは,実際優れていた必要はなく,
孔子先生によって作り出された『あるべき理想状態』でありお手本というわけです.

それではなぜ孔子先生はそのお手本をわざわざ遠い過去にもって行ったのか,
その答えらしきものが愛読書『小説十八史略』の冒頭にありました.
それは
「中国の神話は古いものほど新しいという法則がある」
ということです.
つまり,古い時代ほど新しいエピソードをくっつけやすいというわけです.
これに加えて古い時代ほど情報が失われ,
そこに新しい物語を再編集しやすいということもあるでしょう.

つまり孔子先生は
「昔にはこんな理想的な国があったんだ.
 だからそれをお手本にして自分たちもいい国を作ろうじゃないか.」
と,いわばデッチ上げたわけです.(言い方は悪いかもしれませんが…)

あくまでこれは自分なりの仮説ですが.
これが正しいとすると上記の"為政者の論理"は
非常にナンセンスであると言わざるをえません.
単に古代に仮託して作られたイメージにすぎないわけですから,
昔への回帰なんて何ら意味をなさないわけです.

そう考えると儒教思想もまあ納得できるのですが,
どこぞの社長あたりがしたり顔で
"子曰、弟子入則孝、出則弟、謹而信、汎愛衆而親仁、行有餘力。則以学文。"
あたりを引いて「年長者(=俺)を敬え」と言ってるのを見ると

この言葉を逆に投げかけてやりたくなるんですよね…
"子曰。君子義以爲質。禮以行之。孫以出之。信以成之。君子哉。"(衛霊公第十五)
(先生は言った.君子ってのは,義を行動の本質とし,礼を持って義を行い,
 謙虚さを持って義について述べ,誠意を持って義を成し遂げる.それゆえ君子なのだ.)

改革と,正義

エジプトのムバラク大統領の辞任により一気に民主化が進もうとしています.
チュニジアのベンアリ政権崩壊で始まったこの現象は
次々に飛火し民主化ドミノという言葉まで生まれてきています.

さて,この現象は日本にとって歓迎するべきことなのでしょうか?
民主主義陣営の国が増えることは歓迎すべきことだとは思います.
しかし中東情勢が不安定になることで日本の企業や消費者への影響は必ず現れます.

まずそれは原油価格という形でしょう.
これに投機マネーが流れ込み他の鉱物資源へも波及することが見込まれます.
少なからず日本の製造業は打撃を受けるはずです.

独裁政権とそれに付随する利権企業のおかげで
往々にして資源が安値安定で供給されていたりします.
独裁政権の崩壊はそれに付随する利権企業の崩壊をも意味します.
結果,安定供給が途切れ,値段の高騰に繋がりえます.

こういった事柄は今世界で色々起こっています.
例えば反政府組織の資金源となっており,
ゴリラの生息地を脅かしていると言われるコンゴのタンタル問題.
世界最大のタンタル産出国であるコンゴ産のタンタルを使わないことで
チップコンデンサの価格は上がります.

もっと身近な例ではフェアトレードの話でしょう.
コーヒーがよく例に挙げられますが,
フェアトレードのコーヒー豆を喫茶店が採用することで原価は増えます.
そうなると例えばス○バのコーヒーの値段が200円ほど上がるだとか,
名古屋の喫茶店のコーヒーに柿の種が付かなくなるだとか,
そういった影響が出ておかしくないわけです.

残念ながらそれだけ"正義"を為すことは困難を極めます.
唯一,変わりうるとすれば
それは消費者一人一人がこの「必要悪」をよしとしない
そんな機運が高まった時でしょう
少なくとも対岸の火事と思わず
しっかり状況を見て考えることが大切だと思います.

« 2011年1月2日 - 2011年1月8日 | トップページ | 2011年5月1日 - 2011年5月7日 »