« 技術者と,独立性 | トップページ | 試験と,殺人 »

2010年10月16日 (土)

美容と,狂躁

テレビ局も最近スポンサー離れが進んでるせいかやたらと通販番組が増えてます.
そんな中でもやはり元気なのは女性の美容用品.
女性の美容に掛ける情熱の凄まじさを物語ってるようです.

先日,テレビをつけっぱなしでうとうとしてるうちに,
いつの間にか女性向け化粧クリームの通販番組になっていました.
ぼんやりしてる所にこんな声が

「このサイタイエキス入りクリームは…」

サイタイ…なんだろ?そんな化学物質とか植物とかあったっけ?

サイタイ…臍帯…へその緒?!

流石にヒトのへその緒を使うわけにはいかないでしょうから,
多分哺乳類で入手易い所でブタあたりのを使用してるのでしょうが,
へその緒を顔に塗りたくってると考えるとちょっとおぞましい気分です.
男性諸君,そんな女性の頬にキスできますか? ;-)

#ちなみにコラーゲンはブタの皮から抽出してると言って間違いないそうです
#ニカワ位しか用途が無かったものが今は一大産業になってるとか…

さて,この手の美容用品なんですが,
多くの科学者が指摘してるように,
「人間,皮膚から何かを吸収するようにはできてないのになぜ効くねん」
という疑問にこの業界の皆さん誰も答えません.

それどころか謎の成分を次々と繰り出してきます.
同じ成分でも色々名前を変えてまで…

「ウレア成分を配合しました」(urea:尿素ね…)
「ヒアルロン酸入り」(原料は鶏のトサカや臍帯…臍帯エキスでも通じるな)

女性はこういった宣伝文句が「効く」と思うから買うんでしょう,
それは言い換えれば開発者への信頼ということになるわけですが,
ホントこんな言い換えでごまかすような開発者信じていいの?

さらに疑問なのは
こういった成分の効果をその能力を認証された人物(医師等)が
きちんと責任を持って保証しているのか,
そして万一その保証内容に不備があった場合には責任を問えるのか,
そういった法整備がなされているのかということです.

例えば建物でしたら免許を受けた建築士が
設計図にサインや捺印で認証することでその設計責任を負います.
そしてそこに誤摩化しや偽造があると建築基準法違反で罪に問われます.
つまり認証されたプロが責任を負う体制が整っているのです.

このような化粧品は多分,薬事法などで縛られてるのでしょうが,
体内に直接入らないということで結構ザルなのではないでしょうか.
専門外なので明確なことは言えませんが,
薬用化粧品は「医薬部外品」ということで薬品より緩い管理になってるようです.

女性の皆さん,あなたのお使いのクリームは大丈夫ですか?

« 技術者と,独立性 | トップページ | 試験と,殺人 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557999/49754445

この記事へのトラックバック一覧です: 美容と,狂躁:

« 技術者と,独立性 | トップページ | 試験と,殺人 »