« 試験と,殺人 | トップページ | 雇用と,"カイゼン" »

2010年10月24日 (日)

学校教育と,殺人

前のpostを書いたばっかりなのにこんなニュースが…

「妹殺す」が正解?=東京の小学校では不適切授業(時事ドットコム)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010102400011

授業で殺人を扱うということは問題ないと思うのです.
例えば倫理のトロッコ問題.

制御不能になったトロッコの先に5人の作業員がいる.
ここで分岐を切り替えて引き込み線にトロッコを誘導すると,
その先にいる一人の作業員の犠牲だけで済む,あなたはどちらを選ぶか.

それを考えさせることは決して無駄ではないでしょうし思考訓練にもなると思うのです.
人の死という概念自体を教育のタブーとすることはあってはいけないと思うのです.

まあ確かにこの問題出題する時点でこの先生の倫理観に大いに疑問を感じますが,
これをきっかけにうまく問いかけを作れば
自分の思いが社会や他社の不利益に繋がるとするならばどう行動するべきかという問題を
生徒に考えさせるきっかけにはなったのかなと…

#男と会いたいために事件を起こす思考体系が「八百屋お七」と同じ…

それよりもこの最大の問題は

全然論理的じゃない!

ってことですね.
単に姉とだけの知り合いなら妹が死んでも来るはずなかろうに.
仲間内のクイズ大会でそれを正解にしたという時点で
この女性教師とその仲間の頭の中を疑わざるをえない…

少なくとも何かを教えるということはそのバックボーンに一定の論理が存在するはずで,
その論理性自体を無視してしまうというのは,
今まで教えてきた教育に対する信頼自体を失いかねない事態だと思うんですけどね.

倫理性も論理性もないってのはまさに救いようない気がするんですが…

東京都杉並区教委は23日、区立浜田山小学校で3年生の担任の女性教諭(23)が、 正解は「妹を殺すこと」というクイズを出す不適切な授業を行ったと発表した。 同小は同日、保護者会を開き謝罪した。  杉並区教委は「非常に不適切な行為。今後繰り返さないよう指導に努める」とコメント。 教諭や校長に厳重注意するとしている。  区教委によると、教諭は19日、算数の授業で時間が余ったため、 「3姉妹の長女が自殺し、次女はその葬儀に来た格好いい男性が好きになった。  葬儀後もう一度出会うためにはどうすればいいか」というクイズを出題した。  生徒は「電話をかける」などと回答したところ、教諭はヒントを出し、 「正解」としていた「妹を殺し、葬式をやればまた会える」という答えに導いていたという。(2010/10/24-00:48)

« 試験と,殺人 | トップページ | 雇用と,"カイゼン" »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557999/49834327

この記事へのトラックバック一覧です: 学校教育と,殺人:

« 試験と,殺人 | トップページ | 雇用と,"カイゼン" »