« iPadと、ブブ | トップページ | ダライ・ラマと,英語(追記) »

2010年6月20日 (日)

原油流出と,失言(追記)

メキシコ湾の原油流出事故.
日本での扱いはえらく小さいですが
GW中に滞在していたBostonでは大々的にニュースで取り上げられていました
以来,気になってずっとニュースをウォッチしていますが
事故を起こしたBritish Petroleum(BP)は巨額の補償金を支払うことになりそうです.

それにはCEOのTony Haywardの失言が少なからず影響しているようです.
まあその失言がどこぞの元首相より見事と言うか…

4/29

“What the hell did we do to deserve this?"
(なんで俺たちがこんな目に遭わなきゃならないんだ!)

参考にしたNewsweekの記事にもかいてありましたが
過去三年に安全規定違反760件を犯していたそうで…
(同じ石油メジャーのエクソンモービルは一件だけ)

見事にハインリヒの法則を地でいったわけです.
ヒヤリハットを実施し改善のためのPDCAを回してください。

5/14

"the Gulf of Mexico is a very big ocean.
The amount of volume of oil and dispersant we are putting into
it is tiny in relation to the total water volume."
(メキシコ湾は大きな海だよ.
 我々がばらまいた原油や分散剤の量全てなんて,
 全ての水の量に比べたら微々たるもんさ.)

クロマグロの一大産卵地をひとつ油で埋めたんですが…

その数日後

"the environmental impact of this disaster is likely to be very, very modest."
(この災害が環境に与える影響ってのはと~っても小さく思える)

宇宙から見えるほど石油ばらまいても?

5/30

"there's no one who wants this over more than I do. I would like my life back."
(俺ほどこの件を終わらせたいと思っている奴はいない.俺は自分の生活を取り戻したいんだ)

まあそうかもしれんが.口にしちゃダメだろ.

その翌5/31

"The oil is on the surface, There aren't any plumes."
(油は水面に留まっている,汚染物質などないさ!)

誰かメキシコ湾の海産物こいつに食わせてやれ.

さらにその翌6/1
原油回収の作業員が体調崩したのを受けて

"I am sure they were genuinely ill,
but whether it was anything to do with dispersants and oil,
whether it was food poisoning or some other reason for them being ill,
you know, there's a—food poisoning is surely a big issue
when you've got a concentration of this number of people in temporary camps,
temporary accommodations."
(彼らが体調を崩しているのはわかってる.
 でも分散剤や原油が何か悪さをしたかどうか,
 あるいは食中毒やその他の理由で病気になったのかはわからない
 でもさ,食中毒こそホント一番の問題なんだ
 多くの人たちが仮設キャンプや仮設宿泊所といった所に集まってる場合にはね.)

作業に当たってる部下もキレまっせ。
「原因が食中毒ならもっと福利厚生充実させて食中毒起こさせるな!」って.

他にも

"There are those who want the Obama presidency to fail
and they want this spill to be his "hurricane Katrina" - the domestic disaster
which so undermined George W Bush.
And there are those who don't like oil and want energy policy to be in a different place."
(オバマ大統領に失敗してほしいと思う人がいるんだ.
 彼らはこの流出が彼にとっての"ハリケーン・カトリーナ"
 ーブッシュ大統領の土台を揺るがした地域災害,であって欲しいんだ.
 彼らは原油が嫌いで,エネルギー施策は他の方法であってほしいって考えてるんだよ.)

い,陰謀ですか?
まさか爆発はゴルゴの狙撃?!

って前述のハインリヒの法則では
『1件の重大事故には29件の軽微な事故と300件のヒヤリハットが存在する』
と言います.
760件の法令違反は十分重大事故を起こして起こしていいレベルなんで陰謀説の根拠は薄いです.

"We had too manypeople who working to save the world..."

(我々には世界を救うために働く人たちが十分以上にいる.)

一言だけ余計だ!!!
多分,Tonyには笑いの失言の神が付いてるんですな.


どうやら失言癖は重役まで伝染したらしく

"I think Tony's doing a fantastic job."
(トニーは良い仕事してるよ!)

と火に油を注ぐ始末.

株主や社員は「もう喋ってくれるな」って感じでしょうな.
もはや一種の風物詩か…

<参考>
http://www.newsweek.com/2010/06/02/what-not-to-say-when-your-company-is-ruining-the-world-.html
http://www.nowpublic.com/environment/tony-hayward-quotes-bp-ceo-gaffes-or-remarks-wents-wrong-2624196.html

<追記>
BPは"Birdbrained Polluter(トリ頭の汚染者)"の略だというTwitterのつぶやきが…
発言見てたらそう言いたくなるのも分かる.

« iPadと、ブブ | トップページ | ダライ・ラマと,英語(追記) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557999/48673470

この記事へのトラックバック一覧です: 原油流出と,失言(追記):

« iPadと、ブブ | トップページ | ダライ・ラマと,英語(追記) »